お金を借りる

消費者金融の借入方法は公式サイトから確認しよう

消費者金融でお金を借りるには、所定の手続きを取る必要があります。手続きの仕方は基本的にどこでも一緒ですが、消費者金融によって違うこともあるので、なるべく公式サイトの情報を見るようにしてください。あらかじめ手続きがわかっていれば、スムーズに借入できるはずです。

消費者金融の申込み方法について

大体の手続きの流れを説明すると、最初に借入の申し込みをする必要があります。申込み方法は幅広く、店頭窓口や電話、郵送、インターネットなどで手続きする方法があります。また店舗に設置されている自動契約機での申し込みも可能です。

申し込む時は個人情報を記入します。名前や住所、電話番号といった基本的な情報の他、収入や職業、他社からの借入額といった審査に大きく関わる情報も書き込みます。

申込みは受付時間帯に行わなければいけません。基本的に日中であれば平日・週末問わず受け付けているでしょう。

場合によっては収入を証明する書類を提出することもあります。また本人確認書類は必ず提出しなければいけません。

申し込み後は消費者金融の審査が行われる

申込みが受理されると、審査が行われます。この審査で、お金を貸すかどうか、また利用限度額をいくらにするかが決定します。

審査で見られるものはさまざまです。収入の高さ・安定度はもちろん、職業の内容(業種・職種、雇用形態)、信用情報なども評価されます。特に職業は正社員だとかなり評価が高いです。

信用情報というのは、過去のローンなどの取引で問題なく返済してきたかを示す履歴のことです。信用情報機関に自動的に登録されており、消費者金融は審査を行う時に必ずその情報を参考にします。たとえば、過去に返済を滞らせたことがある場合はその事実がすぐにわかるようになっており、審査に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。ただし、完済してから一定期間経過すれば、信用情報は抹消されます。

また消費者金融によっては職場に電話をかけることもあります。この電話確認により、本当にその職場で働いているかどうかを確かめるわけです。

審査に通ったらお金を借りる

審査に通ると、利用限度額が通知されるので、その範囲内でお金を借ります。借入方法は専用カードでATMから引き出す方法と、口座に振り込んでもらう方法の2つが代表的です。

専用カードを使う方法は、カードを発行する手間がありますが、キャッシュカードのようにいつでも好きな時にお金を引き出せるメリットがあります。ただし、簡単に借りられるからといって、返済計画を立てずに借りるのは避けましょう。