知り合いにお金を借りる

なぜ知り合いの人にお金を借りたいか

「友人」とまではいかなくても顔見知りで挨拶する程度の知り合いは、誰にでもいることでしょう。どうしてもお金が必要になった場合、その知り合いの人にお金を借りようと考えることがあります。

知り合いの人にお金を借りたくなる理由は、主に2つです。1つ目は、お金を貸してくれる人が他にいないからです。様々なことを理由に、友人や家族とは連絡がとれない状況やもうお金を貸してくれない状況だと、知り合いに頼むしかない場合があるでしょう。

2つ目は、知り合い程度であれば縁が切れても問題ないと考えているからです。友人や家族とお金のことでもめて縁が切れるのは、非常につらいことです。それならば縁が切れても痛手の少ない知り合い程度の人にお金を借りようと考える方もいます。

どうしたら知り合いからお金を借りられるか

知り合いからお金を借りる際には、「何も聞かないでくれ」というわけにはいきません。友人や家族よりもさらに詳しく理由を説明し、納得してもらわないとお金は貸してもらえない可能性が高いです。

なので、知り合いからお金を借りる際には、あらかじめ借用書と返済計画書を準備し、理由も丁寧に説明しましょう。それから、利息についても自ら提示しましょう。準備をしっかり行うことで、一定の信頼をえられます。

「ただの知り合いだから縁が切れても問題ない」と思っているかもしれませんが、どこでどうつながるのか分からないのが縁です。顔見知り程度であっても誠実な態度で、返済も滞りなく行いましょう。